投稿者「atopickokufuku」のアーカイブ

敏感肌向けの化粧品はどんな基準で選ぶ?

ちょっとした刺激でムズムズ痒い、ブツブツニキビができちゃう、敏感肌の悩みは深いですよね。

特に大変なのが化粧品選びで「何をつけても荒れてしまう!」という人も多いと思います。そんな敏感肌の人にぴったりな化粧品はどうやって見つけたら良いのでしょうか。

敏感肌用化粧品の選び方!重要な3ポイント

  • 保湿効果が高いものを選ぶ
  • 油分を積極的に取り入れる
  • 低刺激なものを選ぶ

敏感肌の原因は肌のバリア機能の低下です。人間の皮膚を守っている皮脂と潤いが欠けてしまうと、外部刺激が真皮にまで到達して肌荒れを起こすんですね。

つまり、敏感肌を改善するための化粧品は、しっかり肌を保湿してくれて刺激の少ないものが良いんです。

保湿効果の高い基礎化粧品とは?

  • ヒアルロン酸・コラーゲンなど保湿成分が入った化粧水
  • セラミドを溶かし込んだ乳液や保湿クリーム

まず保湿を徹底する事で、肌のバリア機能を回復させましょう。そのためには、油分と水分の補給が大切です。

ヒアルロン酸・コラーゲン・プラセンタなどが含まれた化粧水は、しっかり水分を含んで肌表面を覆って保湿してくれます。

その上から油分のある基礎化粧品で水分が蒸発しないようケアしましょう。油分が多い化粧品といえば日本でメジャーなのが乳液ですが、できればより油分の多い保湿クリームがオススメです。

クリームに含まれる美容成分の中でも、高い保湿効果を持つのがセラミドという成分です。セラミドは肌の角質層にもともと存在している成分で、潤いを保ち肌のバリア機能を保つ役割を担っています。

それを外から補給することで、肌のバリア機能が飛躍的に回復していくんですね。なので、セラミド入りの保湿クリームはかなりオススメの敏感肌用コスメです。

保湿成分たっぷりの化粧水、セラミド入りのクリーム、このふたつでケアすれば敏感肌改善につながりますよ。

敏感肌の人が避けるべき刺激成分とは?

  • 乾燥を招くアルコール
  • 正体不明の香料・着色料
  • 洗顔フォームなどの界面活性剤
  • スクラブなど刺激のあるコスメ
  • 刺激の強い防腐剤

敏感肌のスキンケアにとって、保湿をしっかりする事と同じくらい刺激を避ける事も大切です。中でも、アルコールは肌の乾燥を招く性質があるので注意ですね。

アルコールは化粧水によく含まれているので、敏感肌の人はアルコールフリーのものを選ぶのがオススメです。

あと、香料・着色料不使用のコスメも安心ですね。香料・着色料と成分表示されているものは実際に何が配合されているかわかりません。安全のために避けたほうが良い成分ですね。

そして意外に怖いのが、洗顔フォームなどに多く含まれる界面活性剤です。界面活性剤は油分を強力に落としてしまうので、乾燥と肌荒れを招いてしまうんです。

洗顔料を選ぶなら界面活性剤の多い洗顔フォームは避けて、成分の優しいシンプルな固形石鹸で洗うのがオススメですよ。

強力な界面活性剤の他にも、スクラブ入りの洗顔フォームも肌の表面を傷つけてしまいます。敏感肌の人は使わないようにしましょう。

あと、刺激のある防腐剤も気をつけたいですね。中でも、メチル・プロピル・ブチルがつく防腐剤に気をつけましょう。フェノキシエタノールなどの防腐剤が比較的刺激が少なくオススメですよ。あと、パラベンも少量で高い防腐効果があり、実は安全性が高い防腐剤です。

敏感肌の人が選ぶべき化粧品は高保湿・低刺激!

このように、敏感肌の人の化粧品選びは思ったよりシンプルだったんですね。なにか肌に優しそうなキャッチコピーがついてるから使ってみよう!というスタンスだと、何をつけても肌が荒れてしまう現象はなかなか治りません。

ここまでの知識を生かし、高い保湿力があって刺激が少ない敏感肌用のコスメを選びましょう!

食べ物や食事とアトピーって関係があるの?

人によって肌質に大きな違いがあるように、子供の時から肌トラブルの1つとしてアトピーに悩まれている方は少なくありません。

アトピー性皮膚炎が起こるには2つの原因があり、体質により起こる場合と環境による場合の二種類です。

特に前者の場合普段食べている食事などに使用された食材の中で、体にアレルギー反応を持っている場合と肌を保護する役割を持っているバリア機能が低下することで、肌の免疫機能がきちんと働かないことで起こる可能性があります。

そのためアトピー性皮膚炎の症状と食事は深い関係があるといわれており、普段の生活週間をきちんと見直すことで肌のコンディションを改善させることは充分に可能になります。

対象となるアレルゲン物質は人によって異なる

アレルギー症状を発症させる原因とされているアレルゲン物質とは、ダニやホコリなどのハウスダスト、花粉、動物の毛に含まれていたり、普段食べている食べ物にもアレルゲンとなる物は少なくありません。

ただ人によってアレルギーの原因となる成分は全く異なってきますので、症状の改善には食事制限が必要不可欠になってきます。

特に小さなお子さんの場合は、体内の消化管が大人に比べてまだまだ未熟であるため、食事でアトピー性皮膚炎の発症を予防したり改善したりする食事療法が効果的になります。

そのため子供の時アトピー性皮膚炎だった方が大人になって症状が出なくなるのは、体が成長するに連れて症状が改善する場合が多いのは体が未成熟な場合が多いからなのです

アレルギーのある食材を把握しておくことはアトピー克服の大切なポイント

自分のアレルギーである食材がわかっていれば、その食材を食事に取り入れないことで充分に食事制限を行うことは可能です。

肌のコンディションを改善するためには薬に頼るだけではなく、健康な素肌を維持する為に必要なバランスの良い食生活を毎日続けることや、充分な睡眠をとるなど基本的な生活習慣をおくることもアトピー性皮膚炎を改善するためにもとても重要な要素になってきます。

症状の原因をきちんと知るだけではなく、普段の生活を見直すこともとても大切になります。

アトピーの人向け化粧水の選び方

アトピー肌の人にとって、直接肌につける化粧水は慎重に選ばなければいけません。

まず購入する前に確認しておくべき点は成分です。肌に刺激がある成分として石油由来の鉱物油や防腐剤、界面活性剤、保存料、香料などを使ったものは避けておきましょう。

また、エタノールなどのアルコール系の成分も弱った肌にはよくありません。

天然由来の化粧水を選べばいいというわけではない

では、天然由来の成分を謳った商品であればよいのかというと、そういう商品でも精製する段階で、何らかの不純物が混入している可能性があります。

消費者のことを考えて、高い品質を維持しようというメーカーもあれば、利益優先でそういう作業で手を抜くメーカーもいるので、最終的には試して見なければわかりません。

ただ、一つずつ商品を試していくと日にちもかかりますし、万が一肌にトラブルが起きたときに顔全体に被害が及ぶので、もう少し簡単な方法で試していくのが良いでしょう。

そのために最適なのが、アトピー肌の人が化粧水を試すときに、よく行われるパッチテストです。

アトピー肌の人はパッチテストをしてみよう

小さく切り分けたコットンや絆創膏に、試したい化粧水を染み込ませます。それを二の腕や太ももなど、人の目に触れない部分に貼り付けてみるのです。

それで30分程度時間が経過したら、肌がどのように変化しているのかを確認します。

もしアトピーが悪化しているようであれば、その化粧水は、その人にとって刺激が強いということで使用するのは止めるべきです。

では、その時点ですべてを決めてしまうのかというと、もう少し時間が経過してから反応するということもありますから、再び貼り付けて1日程度様子を見てみます。

それでも尚、肌に反応がないのであれば、肌にあった化粧水といえるでしょう。

なおパッチテストを行うときには汗によるかぶれは起きていけませんし、濡れてもいけないので入浴後に開始することです。

それから肌に反応があった場合には、その化粧水で使われている成分をチェックしましょう。何が刺激をもたらしたのかを分析すれば、新商品が出てきたときに参考にする事ができます。

アトピー性皮膚炎を悪化させてしまうのはどんなケース?

アトピー性皮膚炎の悪化の理由には原因物質の増加、ストレス、過乾燥、猛暑があります。

まずは原因物質についてですが、血液検査をすると、何に反応してアレルギーを起こしているのかがわかります。

花粉やダニは典型的なアトピー悪化の原因の一つ

花粉の場合はその季節に悪化します。花粉にも色んな種類があるので、個人によって悪化する時期が異なります。

ダニほこりに反応している場合は、掃除が行き届かない時にひどくなります。布団にたくさんのダニがいるために悪化することがあります。

原因物質を取り除くのは大変なことなので、飲み薬や塗り薬を併用しながら過ごしていくしかありません。

ストレスは根本の原因にも悪化の原因にもなる

次にストレスについてです。嫌な仕事や受験、本番と緊張を伴うことがあります。あまりに精神的に負担がかかると、防衛反応として悪化することがあります。

悪化するとさらに掻くことが多くなり、ますますひどくなってしまいます。なるべく掻かないように、冷やすようにするしかありません。

ストレスを避けるのは、かなり難しいので薬に頼らざるを得ません。ストレスがなくなったとたんに良くなることもあります。

乾燥や猛暑はアトピー肌にとっての大敵

次に過乾燥についてです。冬場は空気がかなり乾燥しています。

アトピー性皮膚炎の人はただでさえ乾燥しやすい肌になっています。皮膚のケアを何もしないとかなり悪化していきます。

皮膚が過乾燥状態になると、さまざまなバリア機能が低下します。皮膚の乾燥は、保湿クリームを塗れば解消できますので、お風呂上りには必ず保湿するようにするようにします。

皮膚科を受診すると、個々の肌に合った保湿剤を処方してくれます。

最後に猛暑です。

最近の夏は異常に暑いです。暑いと汗をかくので、アトピー性皮膚炎の人はあせもができやすくなります。

それに反応するように、アトピー性皮膚炎も悪化します。「体が熱くなる」ということはかゆみが増すということでもあります。

夏が暑いというのは避けられません。汗をかいたら、こまめに拭いたり、可能であればシャワーで汗を流すようにします。

 

このように、アトピーを悪化させる要因は様々ですが、普段から気をつけていれば回避できることもいくつかあります。

できるだけ悪化の要因になることを避けて、肌をいたわり改善させる努力をしていくようにしましょう。