アトピー性皮膚炎を悪化させてしまうのはどんなケース?

アトピー性皮膚炎の悪化の理由には原因物質の増加、ストレス、過乾燥、猛暑があります。

まずは原因物質についてですが、血液検査をすると、何に反応してアレルギーを起こしているのかがわかります。

花粉やダニは典型的なアトピー悪化の原因の一つ

花粉の場合はその季節に悪化します。花粉にも色んな種類があるので、個人によって悪化する時期が異なります。

ダニほこりに反応している場合は、掃除が行き届かない時にひどくなります。布団にたくさんのダニがいるために悪化することがあります。

原因物質を取り除くのは大変なことなので、飲み薬や塗り薬を併用しながら過ごしていくしかありません。

ストレスは根本の原因にも悪化の原因にもなる

次にストレスについてです。嫌な仕事や受験、本番と緊張を伴うことがあります。あまりに精神的に負担がかかると、防衛反応として悪化することがあります。

悪化するとさらに掻くことが多くなり、ますますひどくなってしまいます。なるべく掻かないように、冷やすようにするしかありません。

ストレスを避けるのは、かなり難しいので薬に頼らざるを得ません。ストレスがなくなったとたんに良くなることもあります。

乾燥や猛暑はアトピー肌にとっての大敵

次に過乾燥についてです。冬場は空気がかなり乾燥しています。

アトピー性皮膚炎の人はただでさえ乾燥しやすい肌になっています。皮膚のケアを何もしないとかなり悪化していきます。

皮膚が過乾燥状態になると、さまざまなバリア機能が低下します。皮膚の乾燥は、保湿クリームを塗れば解消できますので、お風呂上りには必ず保湿するようにするようにします。

皮膚科を受診すると、個々の肌に合った保湿剤を処方してくれます。

最後に猛暑です。

最近の夏は異常に暑いです。暑いと汗をかくので、アトピー性皮膚炎の人はあせもができやすくなります。

それに反応するように、アトピー性皮膚炎も悪化します。「体が熱くなる」ということはかゆみが増すということでもあります。

夏が暑いというのは避けられません。汗をかいたら、こまめに拭いたり、可能であればシャワーで汗を流すようにします。

 

このように、アトピーを悪化させる要因は様々ですが、普段から気をつけていれば回避できることもいくつかあります。

できるだけ悪化の要因になることを避けて、肌をいたわり改善させる努力をしていくようにしましょう。