敏感肌向けの化粧品はどんな基準で選ぶ?

ちょっとした刺激でムズムズ痒い、ブツブツニキビができちゃう、敏感肌の悩みは深いですよね。

特に大変なのが化粧品選びで「何をつけても荒れてしまう!」という人も多いと思います。そんな敏感肌の人にぴったりな化粧品はどうやって見つけたら良いのでしょうか。

敏感肌用化粧品の選び方!重要な3ポイント

  • 保湿効果が高いものを選ぶ
  • 油分を積極的に取り入れる
  • 低刺激なものを選ぶ

敏感肌の原因は肌のバリア機能の低下です。人間の皮膚を守っている皮脂と潤いが欠けてしまうと、外部刺激が真皮にまで到達して肌荒れを起こすんですね。

つまり、敏感肌を改善するための化粧品は、しっかり肌を保湿してくれて刺激の少ないものが良いんです。

保湿効果の高い基礎化粧品とは?

  • ヒアルロン酸・コラーゲンなど保湿成分が入った化粧水
  • セラミドを溶かし込んだ乳液や保湿クリーム

まず保湿を徹底する事で、肌のバリア機能を回復させましょう。そのためには、油分と水分の補給が大切です。

ヒアルロン酸・コラーゲン・プラセンタなどが含まれた化粧水は、しっかり水分を含んで肌表面を覆って保湿してくれます。

その上から油分のある基礎化粧品で水分が蒸発しないようケアしましょう。油分が多い化粧品といえば日本でメジャーなのが乳液ですが、できればより油分の多い保湿クリームがオススメです。

クリームに含まれる美容成分の中でも、高い保湿効果を持つのがセラミドという成分です。セラミドは肌の角質層にもともと存在している成分で、潤いを保ち肌のバリア機能を保つ役割を担っています。

それを外から補給することで、肌のバリア機能が飛躍的に回復していくんですね。なので、セラミド入りの保湿クリームはかなりオススメの敏感肌用コスメです。

保湿成分たっぷりの化粧水、セラミド入りのクリーム、このふたつでケアすれば敏感肌改善につながりますよ。

敏感肌の人が避けるべき刺激成分とは?

  • 乾燥を招くアルコール
  • 正体不明の香料・着色料
  • 洗顔フォームなどの界面活性剤
  • スクラブなど刺激のあるコスメ
  • 刺激の強い防腐剤

敏感肌のスキンケアにとって、保湿をしっかりする事と同じくらい刺激を避ける事も大切です。中でも、アルコールは肌の乾燥を招く性質があるので注意ですね。

アルコールは化粧水によく含まれているので、敏感肌の人はアルコールフリーのものを選ぶのがオススメです。

あと、香料・着色料不使用のコスメも安心ですね。香料・着色料と成分表示されているものは実際に何が配合されているかわかりません。安全のために避けたほうが良い成分ですね。

そして意外に怖いのが、洗顔フォームなどに多く含まれる界面活性剤です。界面活性剤は油分を強力に落としてしまうので、乾燥と肌荒れを招いてしまうんです。

洗顔料を選ぶなら界面活性剤の多い洗顔フォームは避けて、成分の優しいシンプルな固形石鹸で洗うのがオススメですよ。

強力な界面活性剤の他にも、スクラブ入りの洗顔フォームも肌の表面を傷つけてしまいます。敏感肌の人は使わないようにしましょう。

あと、刺激のある防腐剤も気をつけたいですね。中でも、メチル・プロピル・ブチルがつく防腐剤に気をつけましょう。フェノキシエタノールなどの防腐剤が比較的刺激が少なくオススメですよ。あと、パラベンも少量で高い防腐効果があり、実は安全性が高い防腐剤です。

敏感肌の人が選ぶべき化粧品は高保湿・低刺激!

このように、敏感肌の人の化粧品選びは思ったよりシンプルだったんですね。なにか肌に優しそうなキャッチコピーがついてるから使ってみよう!というスタンスだと、何をつけても肌が荒れてしまう現象はなかなか治りません。

ここまでの知識を生かし、高い保湿力があって刺激が少ない敏感肌用のコスメを選びましょう!