アトピーの人向け化粧水の選び方

アトピー肌の人にとって、直接肌につける化粧水は慎重に選ばなければいけません。

まず購入する前に確認しておくべき点は成分です。肌に刺激がある成分として石油由来の鉱物油や防腐剤、界面活性剤、保存料、香料などを使ったものは避けておきましょう。

また、エタノールなどのアルコール系の成分も弱った肌にはよくありません。

天然由来の化粧水を選べばいいというわけではない

では、天然由来の成分を謳った商品であればよいのかというと、そういう商品でも精製する段階で、何らかの不純物が混入している可能性があります。

消費者のことを考えて、高い品質を維持しようというメーカーもあれば、利益優先でそういう作業で手を抜くメーカーもいるので、最終的には試して見なければわかりません。

ただ、一つずつ商品を試していくと日にちもかかりますし、万が一肌にトラブルが起きたときに顔全体に被害が及ぶので、もう少し簡単な方法で試していくのが良いでしょう。

そのために最適なのが、アトピー肌の人が化粧水を試すときに、よく行われるパッチテストです。

アトピー肌の人はパッチテストをしてみよう

小さく切り分けたコットンや絆創膏に、試したい化粧水を染み込ませます。それを二の腕や太ももなど、人の目に触れない部分に貼り付けてみるのです。

それで30分程度時間が経過したら、肌がどのように変化しているのかを確認します。

もしアトピーが悪化しているようであれば、その化粧水は、その人にとって刺激が強いということで使用するのは止めるべきです。

では、その時点ですべてを決めてしまうのかというと、もう少し時間が経過してから反応するということもありますから、再び貼り付けて1日程度様子を見てみます。

それでも尚、肌に反応がないのであれば、肌にあった化粧水といえるでしょう。

なおパッチテストを行うときには汗によるかぶれは起きていけませんし、濡れてもいけないので入浴後に開始することです。

それから肌に反応があった場合には、その化粧水で使われている成分をチェックしましょう。何が刺激をもたらしたのかを分析すれば、新商品が出てきたときに参考にする事ができます。