アトピーの主な原因を教えて!

アトピーの原因

アトピーの原因は、一つではありません。同じアトピーと言っても、人によって原因は違うことがほとんどです。

理由としては、様々なことが考えられます。

体質が原因となるアトピー性皮膚炎について

まず一番に言えるのが、アトピー体質です。同じような環境にいてもなるかならないかの差があるのは、体質として元々持っているものがあるからです。

同じものを食べて、同じようなことをしていても、なる人とならない人はいます。

体質として要因を持っている場合でも、発症するのには人によって理由が違います。

ストレスが大きな原因になっていることは間違いないですが、その受け方にも違いがあります。

精神的なことももちろん関係しています。常にストレスを感じているような環境に置かれていると発症してしまうことが多くなります。

ストレスを感じた時に急に症状がひどくなってしまうのもよくあることです。

食べ物が原因のアトピー性皮膚炎について

食べ物にも原因はあります。これは塩分や油、また他にも特定の食べ物を食べることで発症します。

何が原因になっているかは人それぞれなので一概には言えません。

本人にも何が理由で発症しているのかわからない場合もあります。そういったときは、原因になっているのではないかと思う食べ物を食べないようにして見たりすることで、特定できることもあります。

衣服がアトピーの症状を大きくしているケースもある

着ている服が肌に当たることが理由になることともあります。

これは、化学繊維が原因となって引き起こされていることが多いのですが、肌に優しいイメージがある絹だったり、綿でも質が悪かったり縫製が悪く縫い目が肌に当たってこすれることで起こることもあります。

肌に優しい素材だからといって絶対に大丈夫というわけではなく、着心地などもきちんと試着してみて確認することが必要です。

 

このように、アトピーになっていしまう原因には様々なものがあります。

人によって違うので、発症する理由になっているものを見つけ、出来るだけ排除することが改善につながります。

まずはストレスの少ない環境にすることが第一で、その後は徐々に自分にとって大きな原因となっている要素を特定し、一つ一つ克服していくようにしましょう。